慰謝料請求をしない方が良い浮気「ミス・シャーロックいずみ.福岡春日」

こんにちは。

浮気不倫の調査を得意としている探偵事務所ミス・シャーロックいずみ.福岡春日です。

配偶者が浮気や不倫をした際、その怒りから「絶対に慰謝料請求してやる」と息巻く人も多かったりします。

確かに大きな精神的ダメージを受けますし、離婚という選択肢を踏まえれば慰謝料請求をしたくなるのも無理はありません。

しかし、浮気や不倫には、「慰謝料請求をしない方が良いケース」もあります。

この記事では、そんな「慰謝料請求をしない方が良い浮気」について解説していきたいと思います。

慰謝料請求をしない方が良い浮気

それでは、実際に慰謝料請求をしない方が良いとされる浮気はどういったものなのか、具体的に挙げていきましょう。

①離婚する気がなく同じ家計である場合

慰謝料請求をする際に浮気相手にのみ慰謝料請求するのではなく配偶者にする場合は、配偶者の資産が減ることになります。

もしも離婚する意思がなく同じ家計で暮らしている場合は、単純に自分たちの資産が減り、再び自分たちの資産になるわけですから、慰謝料請求する意味がありません。

精神的に大きく傷つけられ、離婚を前提に慰謝料請求するのであれば大きな意味を持つことになるでしょう。

②W不倫の場合

もしも配偶者の不倫相手も既婚者であった場合、相手にも被害者がいることになります。

自身が不倫相手に慰謝料請求をした場合、被害者である不倫相手の配偶者にも経済的ダメージが及ぶことになります。

自分と同じ被害者という立場である人物に経済的ダメージを与えてしまうので、あまりおすすめはしません。

さらに、慰謝料請求をしたことがきっかけで不倫相手側の配偶者が同じように慰謝料請求をしてくる可能性もあります。

配偶者が同じ家計で暮らしている場合、自身にも経済的ダメージが及ぶことになります。(実際にはこちら側も慰謝料請求しているので、大きなダメージにはなりにくいですが)

③不倫相手よりも自身の配偶者に非がある

前述した②のケースでは、双方の被害者(双方の配偶者)が慰謝料請求をする可能性があります。

もしも双方が慰謝料請求をした場合は、場合によってはこちら側からの慰謝料請求額よりも相手側からの慰謝料請求額の方が大きくなる可能性があります。

・相手側の婚姻期間が自分たちの婚姻期間よりも長い

・自身の配偶者が積極的に不倫を働きかけ、関係に至った

・不倫相手は関係を終わらせようとしていたが、自身の配偶者が関係を続けるように働きかけていた

このように相手の婚姻期間の長さや自身の配偶者に大きな非がある場合、請求額よりも相手側からの請求額の方が大きくなる可能性が高いのです。

④浮気や不倫の確かな証拠がない

配偶者が「おそらく浮気しているだろう」と感じた時、実際に浮気や不倫をしている確率は極めて高いといえます。

長年一緒に暮らしているからこそ、普段の生活との変化に気が付くといえるでしょう。

しかし、「確かな証拠」がない状態では、慰謝料請求はできません。

・〇曜日だけ家に帰って来る時間が遅い

・なんとなく車の中が家族以外の人の匂いがする

・「今日は遅かったね」という言葉に対する返答が怪しい

このようなクロに近い状態だったとしても、それだけで慰謝料請求することはできないのです。

慰謝料請求をするならば、「ホテルに不倫相手と入っていく写真や動画」などが必須となります。

確かな証拠を掴むためには、「探偵事務所への依頼」がベスト

もしも配偶者が浮気や不倫をしている確率が高く、離婚や慰謝料請求を視野に入れるならば、前述したように「確かな証拠」が必要不可欠です。

しかし、自分自身で調査をするのは時間的にも労力的にも難しいですし、なによりプロではないため配偶者に調査していることがバレてしまう可能性が高くなります。

そうした状況の時は、「探偵事務所」に依頼することをおすすめします。

ミス・シャーロックいずみ.福岡春日のような浮気や不倫調査に強い探偵事務所であれば、高確率で確かな証拠を掴むことができます。(もちろん警戒心が非常に強いターゲットや情報不足の場合は証拠が掴めない可能性もあり)

確かな証拠を掴むことができれば、十分に慰謝料請求が可能となるため、その後の選択肢も増えますし、強気に話を進めることが可能となるはずです。

NG

まとめ

今回は、「慰謝料請求をしない方が良い浮気」について解説してきました。

配偶者が浮気や不倫をしている可能性がある時、ある程度の割合で「離婚してやる」「慰謝料請求してやる」といった考えになる人がいます。

しかし、ここで挙げたように慰謝料請求しない方が良いケースもいくつかあるので、感情的になり過ぎずに判断するようにしましょう。

もしもそうした状況に身を置いたならば、「確かな証拠」を掴むことができれば、有利に話を進められる可能性が高まるため、ぜひ探偵事務所への相談や依頼を検討しましょう。

浮気調査の診断は
こちらから