心の浮気と体の浮気、あなたはどちらが嫌ですか?

こんにちは。

浮気不倫の調査を得意としている探偵事務所ミス・シャーロックいずみ.福岡春日です。

我々の探偵事務所を利用する人は、配偶者に浮気や不倫をされた方がほとんどです。

証拠を手に入れたいという願いに対して日々全力で応えていますが、調査の対象となる配偶者が「肉体関係だけでなく本気で好きになってしまっているケース」も意外と多かったりします。

この記事では、そんな「心の浮気と体の浮気のダメージの違い」について解説していきたいと思います。

浮気

心の浮気の辛さ

配偶者に浮気や不倫をされた時、ある程度の人は「違和感」を感じます。

直接配偶者を問いただし、自白させることができるケースもありますし、探偵に調査依頼して確かな証拠を手に入れてから問いただす人もいるはずです。

その際、衝撃の事実を知るケースもあります。

それは、「本気で浮気相手のことを好きになっているケース」です。

浮気というと肉体関係をイメージしますが、中には本気で愛情を持っていること(好きになっていること)もあります。

いわゆる「心の浮気」というものですね。

肉体関係を持ちながら本気で好きになってしまう人もいれば、肉体関係は持たずにプラトニックな関係となっている人もいます。

心の浮気に辛い点としては、以下のようなことが挙げられます。

自分が配偶者にとっての1番ではない

お互い愛し合って結婚したわけですが、心の浮気をされてしまうと「自分が配偶者にとって1番手はない」状況となります。

愛されていた存在のはずが2番手になったというのは、間違いなく大きなショックを受ける要因となるでしょう。

人によっては離婚を決断する決め手となる可能性もあります。

難しいのは人の気持ちは簡単には変えることができないということです。

一度心の浮気をされてしまったならば、そう簡単に1番に戻ることはできません。

浮気を許し結婚生活を継続させるにしても、「自分はそれほど愛されていない」と感じながら暮らしていくのは精神的苦痛が大きくなることでしょう。

いつか捨てられてしまうのではないかという不安

浮気されて離婚を決断する人もいますが、愛しているがゆえに結婚生活を継続させる決断を下す人もある程度の割合でいます。

心の浮気をされた人の中にも、そうした決断をする人はいるはずです。

しかし、すでに配偶者の心は自身から離れているわけですから、いつ「離婚して浮気相手と一緒になりたい」と言い出すかはわかりません。

もちろん、そうなれば慰謝料を請求できるため、配偶者にとってはなかなか実行に移すことができるものではありませんが、現実的には捨てられることもありえるわけです。

いつか捨てられてしまう可能性があると感じながら暮らしていくのは、精神的にもかなりきつくなることでしょう。

体の浮気の辛さ

それでは次に、「体の浮気の辛さ」を挙げていきましょう。

配偶者と浮気相手の性行為を想像してしまう

体の浮気をしたということは、当然ながら性行為をしたということになります。

多くの場合は1度や2度ではなく、何度も性行為をしてしまうわけですが、その事実を知ってしまうと何度も想像してしまうはずです。

自分が愛する人が違う異性と唇を重ね、肌と肌を情熱的にすり合わせるわけですから、まさに「やるせない気持ち」になるでしょう。

人によっては、怒りや悲しみが心に湧いてくるはずです。

自分との性行為よりも浮気相手との性行為の方が良いと感じてしまう

もしも浮気を許し結婚生活を継続させるならば、その後配偶者と性行為を行う機会もあるはずです。

しかし、性行為をするたびに、「自分よりも浮気相手との性行為の方が満足できていたんだな」と感じ、切なくなってしまうかもしれません。

浮気相手と縁を切れていたとしても、配偶者の頭の中には浮気相手との性行為のイメージが確実に残っていることになり、いつまでも比較されてしまうのです。

「自分の方が劣っている」という劣等感を感じ続けるのは、本当に辛いものです。

精神が壊れる前に離婚を決断する選択肢も

浮気された後に関係を修復しようと試みる人もいるかと思いますが、前述した通り心の浮気でも体の浮気でも大きな精神的ダメージを受けます。

また、そのダメージは長期的に(もしかしたら高齢者になっても)残ってしまう可能性があります。

もしも精神的に壊れてしまいそうならば、やはり「離婚」も選択肢に入れておくべきだといえるでしょう。

その際はしっかりと慰謝料を請求すべきですので、自白しないならば探偵事務所に調査依頼をして確かな証拠を手に入れておきましょう。

浮気

まとめ

今回は、「心の浮気と体の浮気のダメージの違い」について解説してきました。

浮気には、「心の浮気と体の浮気」の2種類が存在します。

どちらも配偶者にとっては最悪の出来事となりますが、それぞれ受けるダメージが異なります。

もしも配偶者に浮気の可能性があるならば、ぜひ探偵事務所に調査依頼してみてはいかがでしょうか?

浮気調査の診断は
こちらから